×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  
素度
チュートリアル

[命中反応の設定]

  飛び道具命中時の反応について説明します。

  アクションセッティング[攻撃ID予約]。
 これを アタックID とします。
 これによって反応を設定します。
  右図では アクションID をそのまま アタックID に設定しています。

  これは基本的にこのままでよいですが
 たとえば 「赤い弓」「蒼い弓」 などを作成したアクションRPGの場合、
 射程距離などの性能の差があっても ダンジョンの謎解きに対しては効果は一緒 などの場合
 アタックID をaction_idではなく実際に数値にし 二つに同じ数値を設定するといいでしょう。


  まず、XAS.【シェルフ・アクションシステム】本体の
 カスタマイズポイントで、命中反応用の変数IDを決めます。
 この変数の値は変更せず、常に 0 にしておきます。

  次に、イベント側の設定です。

  反応を設定したいイベントに、新しいページを作成し、
 条件の変数に 命中反応 変数ID を指定、
 値に アタックID を指定します。(「以上」は無視)

  そして、そのページのイベントコマンド部に反応を記述します。
 すると アタックID 1 をもつ飛び道具がこのイベントに命中した場合、

 「このイベントの命中反応変数の条件が一時的に満たされ、そして そのページが即実行

 されます。 変数の値は変化せず その変数条件を満たす という仕組みです。
  つまり、この反応ページより後ろに 有効となっているページがある場合はそちらが優先され、反応しません。
 その反応ページにスイッチ条件などがある場合も スイッチを満たしつつ飛び道具命中したときに反応します。